高脂血症 いい食べ物

高脂血症にいい食べ物って?
Line

高脂血症にいい食べ物


ここでは高脂血症にいい食べ物について書いています。

高脂血症を予防・改善したい場合、どのような食べ物を食べるといいのでしょうか?

Line

高脂血症にいい4つの食べ物


高脂血症にいい食べ物は4つあります。

・水溶性食物繊維を含む食べ物
・悪玉コレステロールの増加を抑える食べ物
・コレステロールや中性脂肪を下げる食べ物
・血液をサラサラにする食べ物

水溶性食物繊維を含む食べ物には、コレステロールを体外に排泄する働きがあります。

納豆やオクラ、キノコ、山芋、モロヘイヤなどといった食べ物に水溶性食物繊維が多く含まれています。

悪玉コレステロールの増加は、高脂血症を引き起こすので注意してください。

悪玉コレステロールの増加を抑えるのに食べて欲しいのが、ビタミンA・E、ビタミンC、ポリフェノール、アスタキサンチンなどを含む食べ物です。

ビタミンA・Eは緑黄色野菜、ビタミンCは果物・黄ピーマン・ブロッコリー、ポリフェノールはレンコン・シシトウ・バナナ、アスタキサンチンはサケ・イクラなどに多く含まれています。

コレステロールや中性脂肪を下げる食べ物も高脂血症に効果的です。

たとえば、サンマやサバなどの青魚には、EPAやDHAといった成分が多く含まれています。

この2つの成分は、高脂血症サプリメントにも使用されているので、高い効果が期待できます。

高脂血症を予防・改善したいのであれば青魚を積極的に食べて、EPAやDHAをたくさん摂取しましょう。

ドロドロ血液は高脂血症の発症リスクを高めてしまうので、血液をサラサラにする食べ物も積極的に食べてください。

血液をサラサラにする食べ物として代表的なのがタマネギです。

タマネギに含まれる硫化アリルという成分が血液をサラサラにして、高脂血症を予防してくれます。

水にさらすと硫化アリルが減少してしまうので、食べるなら生がおすすめです。

Line

高脂血症にいい食べ物のまとめ


まとめておけば高脂血症にいい食べ物は、

・水溶性食物繊維を含む食べ物
・悪玉コレステロールの増加を抑える食べ物
・コレステロールや中性脂肪を下げる食べ物
・血液をサラサラにする食べ物

の4つです。

高脂血症を予防・改善するために食事を見直す場合は、ぜひこうした食べ物を意識して食べるようにしてください。

特に食べて欲しいのがコレステロールや中性脂肪を下げる青魚です。

青魚はとても高脂血症にいい食べ物なので、肉メインの食事をしている人は、すぐにでも青魚に変えてください。

また、青魚が苦手で食べられない場合は、サプリメントを使用するといいでしょう。

Line