高脂血症 病気

高脂血症が引き起こす病気って?
Line

高脂血症が引き起こす病気とは?


ここでは高脂血症が引き起こす病気について書いています。

高脂血症を治療せずに放置すると恐ろしい病気を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

Line

高脂血症が引き起こす病気は大きく分けて3つ


高脂血症が引き起こす病気は大きく分けて3つあります。

・動脈硬化
・閉塞性動脈硬化症
・急性すい炎

まず、注意したいのが動脈硬化です。

動脈硬化とは、体全体に酸素や栄養を届ける動脈が硬くなって、血液の流れが悪くなる病気のことをいいます。

高脂血症の患者さんは、この動脈硬化になりやすいので気をつけないといけません。

動脈硬化になると心筋梗塞や脳梗塞といった心臓や脳の病気を発症しやすくなります。

こうした病気にかかると命を落とす危険があるので、高脂血症を放置するのはやめましょう。

また、動脈硬化は自覚症状が乏しいため、知らないうちに発症していたり、悪化していることがあります。

発見した時には既に病状がかなり進行している場合も多いです。

めまい、頭痛、手足のしびれ、動悸などといった症状がある場合は、動脈硬化の危険があります。

閉塞性動脈硬化症とは、足の動脈硬化が進行した状態です。

歩いているだけなのに足に痛みを感じたり、なにもしていないのに足がしびれたりします。

生活に大きな支障をきたす病気なので、高脂血症の患者さんは気をつけてください。

高脂血症によって急激に血液中の中性脂肪が増えると、すい臓にダメージを与えてしまい、急性すい炎が起こる危険があります。

急性すい炎になると非常に大きな痛みを伴います。

最悪の場合、命を落とす危険もある怖い病気です。

Line

高脂血症が引き起こす病気のまとめ


まとめておけばいい高脂血症が引き起こす病気は、

・動脈硬化
・閉塞性動脈硬化症
・急性すい炎

の3つです。

こうした病気を引き起こす可能性があるので、高脂血症を放置してはいけません。

高脂血症だと診断された場合や、高脂血症の危険性がある場合は、早めに治療を始めて、他の病気を併発させないようにしてください。

命に関わるような重大な病気を引き起こす危険があります。

まず、大事なことは病院に行くことです。

体の調子がおかしいと思ったら、まずは病院に行ってしっかりと専門医に相談してください。

そこで高脂血症だと診断されたら、医師の指示に従って治療を始めましょう。

早めに治療を始めれば、早めに症状を改善することができますし、動脈硬化などの発症を防ぐことができます。

Line